加齢臭とは、最近よく聞きますが、具体的にイメージされるのはどう臭いでしょう。
よくいわれるのは「ロウソク見たいな感じ」「ちょっと古い本のような臭い」「油っぽい臭い」などでしょう。ポマードの臭いを想像する人もいるでしょうか。

スポンサードリンク

加齢臭の臭いが気になりますか?

加齢臭は、最近の言葉のように思いますね。

同じような言葉を探そうとすれば、「オヤジ臭い」、あるいは「おじいちゃんとかおばあちゃんの臭い」といったところでしょうか。

加齢臭は、年齢を重ねるとどうしても発生してくる臭いです。
この臭いを嫌な臭いと感じない人は嗅覚に何かしら問題があるのでしょうか?
そもそも臭いを嗅ぐ能力は3〜4歳の小さい頃に完成してしまうといわれています。

この頃、身近におじいちゃんや、おばあちゃんと一緒に暮らしていた人には、この臭は「嫌な臭い」ではなく、「懐かしい臭い」として記憶されているのです。
それで加齢臭に関してもあまり不快にはならないのかもしれません。

ところが、今の世の中、核家族化でおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らす機会が少なくなっています。

昔と違って加齢臭と縁がない暮らしが普通になってしまい、加齢臭が「嫌な臭い」とか「苦手な臭い」に変わってきているように思います。

加齢臭などは、小さい頃に育った環境によって感じ方が変わってくるものなのですね。

加齢臭が最近問題になるのもこういった背景があるものと思われます。
他にも臭いに関して同じような事例はたくさんあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

加齢臭予防 原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kareishu.153m.com/yobou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。