加齢臭に対する雑学的知識




実は加齢臭と生活習慣病って密接に関わりがあるのです。
生活習慣病というと、動脈硬化や肝臓病などですが、加齢臭とは全く関係なさそうな感じですよね。

生活習慣病である動脈硬化や肝臓病などは、お酒やタバコ、ストレスなどを毎日積み重ねていくことで症状を進行させたり、糖尿病や高血圧を悪化させたりします。
一方で加齢臭は、活性酸素が増大し、過酸化脂質が増えることから臭いが強くなると考えられています。

このにおいの元になる活性酸素は、ストレスやお酒やタバコなど毎日の生活の中での習慣的な、あるいは過度な摂取によって、体内に大量の酸素が取り込まれてしまい、エネルギーに変わるときに活性酸素が生み出されてしまうのです。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防