女性にも加齢臭はあるのか?




加齢臭は、中高年の男性の問題というイメージがありますが、女性でも若い人でも加齢臭を出す可能性があります。

一般に、加齢臭の成分というのは男男性は40歳以降、女性は閉経が始まる年齢になると増加してくる傾向があります。
同じ成分が体内にあるのですから、加齢臭が女性にも発生するのは道理というわけです。

年齢を重ねていくと脂肪酸が増加しくるし、ノネナールという加齢臭の元が増加してくるのです。

皮脂の分泌量は男性の方が女性より多いために、加齢臭としても多く出てしまうことにつながります。
この皮脂の分泌量は女性ホルモンによって調整されるといってもいいのですが、女性の方がホルモンの分泌されている期間が長いために、男性に早く加齢臭が発生してしまうということになります。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防