加齢臭の原因ノネナール




日本人に元々体臭は無いとされていました。
それは、日本の食生活に関係があって低脂肪高繊維質、植物性食品を中心とした和食を摂っていたからだといわれています。

しかし近年では、食生活の欧米化に伴い、高タンパク・高脂肪のものを摂取するようになりました。
日本人も、今は体臭が発生しやすい体になってきているのではないでしょうか。

加齢臭は何となく油っぽい、嫌なにおいが出ます。
このにおいの原因はパルミトオレイン酸という脂肪酸が皮膚の細菌と混ざり合って分解され、ノネナールという物質に変化することだといわれています。

ノネナールは一般には40歳を目安に増えていくといわれて、年齢を重ねていくと増えていく物質です。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防