加齢臭の個人差 タバコ,お酒,ストレス




加齢臭というのは、年齢差や、男女差に加えて、個人差も大きいものです。
この差というのはいったいどういうところからくるのでしょう?

加齢臭というのは、ある化粧品メーカーが成分を分析して検出されたノネナールという物質が直接の原因です。
この成分は若い人より40歳を過ぎた人に多く検出され、年齢を重ねた日地に特有のものだといわれてきました。

現在では、加齢臭というのは、だいたい40歳を過ぎた頃から発生してくるといわれていますが、20代の人でも発生する場合があることが分かっています。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防