加齢臭の元ノネナール




最近「加齢臭」という言葉をよく耳にしますよね。
ちょっと前までは「オヤジ臭」とかいわれていました。嫌な言葉です。

この加齢臭という言葉ですが、比較的新しい言葉で2000年に某化粧品メーカーが使い始めた言葉だそうです。
この加齢臭、名前の通り、一定の年齢を重ねた人に多いのではありますが、「ノネナール」という物質が引き起こしているにおいで、決して中高年だけのにおいではないのです。

では、「ノネナール」というのはどうやって体の中にできるのでしょうか?
ヒトは皮脂腺(せん)から脂肪酸というものを分泌します。
これは肌に潤いをもたらせるためのものですので、生命にとってとても大事なものです。
しかしこの脂肪酸が酸化すると、ノネナールという成分が発生し、加齢臭として外に出るというのです。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防