加齢臭予防に食生活改善 ノネナール




加齢臭の元となっている物質は「ノネナール」です。
これは脂肪酸が酸化してできる成分です。

ですから脂肪が酸化しないように抗酸化作用がある食べ物を意識して摂取するようにするだけで加齢臭の予防ができます。
具体的に抗酸化作用があるものは、ビタミンC・E、ポリフェノール、リコピン、βカロチンなどです。

これらを摂取するには緑黄色野菜を摂取するといいわけですが、熱に弱いビタミンなどを有効に摂取するために、サラダなど生で食べる方法がより効果的でしょう。
また、短時間に加熱することで壊れにくいとも言われているので、毎日摂取するには調理法にも工夫が必要です。
しかし、ビタミンは多量摂取しても体外に出てしまうため、意味がありません。
少量ずつ数回に分けて毎日摂取するのが効果を持続させることになります。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防