加齢臭の原因と対策 ノネナールと活性酸素




体の中での気になるにおいに、口臭と並んで体のにおいがあげられます。
40代以上の人たちで体のにおいが気になる場合、それは加齢臭である可能性があります。

加齢臭の原因となっている物質は、主に「ノネナール」という物質です。
これは不飽和アルデヒドという有機化合物の一種で、若い人たちからはあまり検出されません。
逆に40代以上の人たちから検出される割合が多いため、加齢臭の原因として特定されています。

加齢臭を引き起こしているのは、皮脂中の脂肪酸を酸化させるという現象です。
加齢臭の予防対策をするためには脂質の酸化を防ぐこと、脂肪酸のもとである脂肪を減らすことが大切になってきます。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防