食べ物で加齢臭対策 抗酸化作用




日本人は体臭が比較的少ないといわれてきました。

その理由として、食生活が低脂肪高繊維質、植物性食品を中心とした和食であることが関係していたようです。
しかし、近年では、食生活が欧米化してきているため、高タンパク質、高脂肪、肉、乳製品のような動物性脂肪の摂取が多くなり、西洋と同じように体臭が強く感じるようになってきているようです。

加齢臭は、動物性脂肪が酸化することが原因ですが、この酸化は喫煙、飲酒、食生活、不規則な生活、ストレスにも大きく影響されています。これらの外的要因を減らしていくことも十分加齢臭の防止対策になります。

酸化には活性酸素が重要な役割を果たします。
この活性酸素は生活習慣病の元凶ともなっていますので、においを防止するだけでなく、健康になるためにも活性酸素を減らす対策は非常に重要ということになります。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防