加齢臭と介護臭 年齢とストレス




人間は40歳を過ぎたあたりから加齢臭といわれる体臭がだんだん強くなってきます。

この加齢臭というのは体から出されているにおいの他に、場合によっては、口臭、便のにおいなども含まれます。
残念ながら、これは年齢を重ねていくと徐々に強く出されていくものです。

なぜ年齢を重ねると臭いが強くなってくるのでしょうか。それは年齢を重ねていくにつれて体の新陳代謝が悪くなっていくのと関係があります。
新陳代謝の低下は、体の表面上に出てきている老廃物や脂肪酸などの酸化を招き、表皮に存在する最近などによって発酵していくことで「ノレナール」というにおいの物質が出てくるようになるのです。
この物質はヒトなら誰でも分泌される物質ですが、女性の方が分泌量・発汗量ともに男性より少ないため、男性の方がにおいが目立ってしまうということになります。

続きを読む

(C) 2009 加齢臭対策 原因と予防